[健康管理システム]
パフォーマンス・カルテ[テレワークオプション]

main-Jun-01-2021-02-04-42-91-AM

新しい生活様式の中、
テレワークで従業員と直接顔を合わせる機会が
減っているのではないでしょうか。
そのため、心身の健康状態、生産性の増減が気になります。

テレワークや感染予防行動の実施状況をはじめ、
フィジカル、メンタルやエンゲージメントへの影響を
可視化する診断ツールを提供します。

こんな方におすすめ

メンタル、エンゲージメントの状態を把握したい

感染予防行動の徹底を継続的に啓発したい

生産性への影響とその要因を捉えたい

サービス内容

service-Jun-01-2021-02-04-58-16-AM

影響を数値化、課題が明確に。
当社独自の調査票にて、組織におけるテレワークの実施状況や影響を集計、レポート。

取り組みのテーマ選定と効果測定。
自組織の健康や生産性課題の特定から取り組みテーマの選定、また実施した施策による改善効果の測定にお役立て頂けます。

導入のメリット

point-1

課題の可視化

従業員アンケート結果を基に、テレワークによる様々な変化を可視化します。高ストレスやエンゲージメント、パフォーマンスの実態を洗い出します。

point-2

効果検証

継続して調査実施することで、様々な施策の効果検証も行えます。結果を踏まえた次のPDCAに必要な取り組みや改善策が見えてきます。

point-3

感染予防行動の啓発

CIVID-19感染予防行動や定期的な運動等の実施状況設問を通じて、定期的な取り組み継続を啓発することが可能です。

導入事例

 実施内容 

テレワークの実施度合いによるフィジカル、メンタル、コミュニケーションの不調具合の相関調査

生産性の変化要因分析を通じた支援施策の選定

管理職、一般職それぞれに向けた、調査結果の解説セミナーの実施

 施策詳細 

COVID-19感染拡大以降、テレワークを導入したD社では、
コミュニケーションの課題やメンタル不調が
拡大しているのでは、というお悩みをお持ちでした。

全社員を対象としたパフォーマンス・カルテ(テレワークオプション)を通じて、
管理職と一般職、またテレワーク実施率等による、
メンタルや生産性への影響を把握することができ、
まず優先的に解決すべき課題の選定と打ち手を実行。

また調査結果を踏まえ、自社の状況、
ストレスやコミュニケーションへの対応の必要性を
学ぶ従業員向け健康リテラシ―研修をご支援しました。

form
back
運営会社
個人情報保護方針